角質ケアでニキビ跡改善

表皮にしか影響の出ない程度の軽いニキビなら、治った後に跡だけ残ってしまうことはありません。
しかし、炎症性のニキビや膿をもつニキビの場合には真皮まで影響が出ていますので、肌のダメージは大きくなります。
回復にはとても時間がかかり、せっかくニキビが治っても跡だけが残ってしまうこともありますので注意が必要です。

 

ニキビ跡を治したいと思うなら、角質ケアをするのが一番

古い角質がいつまでも肌に留まっていると、ダメージを負った皮膚細胞がいつまでも残ってしまいます。
通常は肌のターンオーバーによって一定の周期で生まれ変わりますので、メラニンを含む肌細胞やダメージを負った肌細胞も排出されます。

 

しかし、ターンオーバーが乱れてくるとトラブルの原因が排出されませんので、長い間待っても状態は回復できません。
それでも表皮への影響程度なら少しずつ良くなっていきますが、真皮まで到達しているとなるとそうはいきません。
やはり肌のターンオーバーを高めるためのケアが必要であり、根気良く続けていくことが大事になります。

 

ターンオーバーが鈍っている時には、ピーリングが有効

ピーリングは多少凸凹としたニキビ跡にもよく効きます。
洗顔タイプや化粧水タイプなど色々ありますが、洗顔タイプを利用する人が多いようです。
通常使用する洗顔剤をピーリング用にかえるだけですので、それほど意識することなくニキビ跡ケアを行うことができます。
この手の洗顔剤は普通のものより刺激が強いので、力を入れずに洗うことが大切です。

 

また、使い過ぎるとバリア機能が弱まって新たなトラブルを生みだすことになりますので、毎日使用するのではなく週に2回程度に抑えた方が安心です。
ピーリングによって強制的に古い角質がはがれ落ちやすい状態にすれば、新しい細胞がどんどん生まれます。
ターンオーバーが促進されると保水力や潤いもよみがえりますので、肌全体のコンディションもあがります。

 

洗顔をした後は乾燥しやすいので、保湿ケアをしっかりと行っておくことも忘れてはいけません。
肌細胞が活発に働くためには、適度な水分と潤いが必要です。

 

また、肌は刺激を受けるとメラニンを生成して色素沈着を起こしやすくなりますので、バリア機能を高めるために適度な皮脂は残さなければなりません。
そういったことを心がけながら日々の洗顔やお手入れを行っていけば、できてしまったニキビ跡も少しずつ回復していくはずです。