レーザー治療とケミカルピーリングによるニキビ跡改善手術

ニキビ跡を治すため、レーザーなどの手術を受けたいと考えている人もいるかもしれません。
レーザー治療と言ってもさまざまな種類があるため、それぞれの違いや特徴を比較することが大切です。
レーザー治療ではニキビに有効なレーザーを肌に当てることで治療することになるのですが、ただレーザーを当てただけで肌トラブルを改善することは難しいとされています。
そのため多くのクリニックでは、レーザーだけでなくケミカルピーリングなど他の治療方法と合わせていることがほとんどです。

最近では技術が進歩したことにより、施術における失敗はほとんどなくなっています。
しかし、クリニックによって具体的な治療方法や技術力などは異なっているため、信頼できるクリニックを探してみることが大切です。

ちなみに、同じような効果を期待できる治療法であっても、機器が違うと異なる名称で呼ばれることもあります。
レーザーによって副作用の出やすさや有効なニキビ跡の種類も異なるのですが、直接行ってみないと詳しいことはよくわかりません。
クリニックでの治療は高い効果を期待できると言われています。

レーザー治療・ケミカルピーリング以外のニキビ跡を治す方法をニキビ跡改善術で紹介しています。

参考:ニキビ跡を治す方法
ニキビ跡改善術.net(http://xn--nckzcza6868aooqre2clei.net/)
赤くなってしまったニキビ跡、色素沈着によるニキビ跡、クレーター状のニキビ跡の治し方を詳しく解説。
参考:ニキビ跡の症状別治療法
ニキビ研究所(http://www.aizawa-hifuka.jp/acnecare/)

費用が高いということに注意しましょう

だいたい治療は一回で3万円~4万円が相場となっており、どの種類のレーザーでもそれほど変わりません。
最初だけ2万円程度で受けられることもありますが、顔全体の施術を受けると10万円以上かかってしまうこともあります。
ニキビ跡の状態によって通うペースは異なってくるため、それによってかかってくる費用も変わってきます。

ちなみに、ニキビ治療は保険適用外となるため、酷いニキビで悩んでいる人が費用も高くなることを覚悟しておきましょう。
また、一回手術を受けるだけでニキビ跡が消えるわけではなく、何度もクリニックに通う必要があります。
レーザーの種類やニキビの状態によって変わってくるのですが、だいたい月に1回程度の治療を1~2年程度受けて肌トラブルを改善していくことになります。

ちなみに、肌質やニキビの状態によってはレーザーの効果が出にくいこともありますし、施術を受けた後は3週間程度ダウンタイムがあります。
痛みや顔の赤みなどの副作用が出てしまうため、外に出る時には気になってしまうかもしれません。
ニキビ跡は治したいけれど手術はやはり不安だという場合、専用の化粧水などを使ってケアしてみると良いでしょう。

最近は効果の高い商品がたくさん登場してきています。

よく読まれているページ